バイアグラでやる気に満ちる人生!もう勃起不全は大丈夫

メニュー

はじめてのED治療薬

はじめてのED治療薬

【世界でも初となったED治療薬】
「バイアグラ」が誕生するまでは、勃起不全は治療が難しい1つの生理病となっていました。
男性にいくら欲求があっても、ペニスが反応しないで苦痛を感じていた人も少なくないはずです。
1998年に国際的な誕生を果たし、今でも多くの人が使用しているのがバイアグラです。
発売当時は「夢の薬」とまで言われ、瞬く間に世界中に噂は広がりました。
日本も例外ではなく、「試してみたい!!」と考える人は多く、個人輸入によって入手し服用する人もいました。
しかし、医師からの適切な指示を受けずに誤った服用を行い、心肺停止に陥ったり、死亡事故も数例起こりました。
こうした健康被害の観点から国内では臨床試験を行わず、アメリカの試験データをもとに僅か1年という異例の短い期間で国内でも承認されました。
1999年から処方がはじまって以来、今でも多くの人の勃起不全改善のサポートをしている薬になっています。

【バイアグラ成分シルデナフィル】
この成分は1錠あたりに、25mg/50mgの2種類の用量があります。
海外では100mgというのもあります。
日本の人は体格の違いなどから100mgでは強すぎると判断されているので、処方は行われていません。
この成分は、「酵素阻害」の作用があります。
勃起不全の原因は血液流入の低下と考えられていますが、これを起こしてしまうのが「ホスホジエステラーゼ-type5」と呼ばれる酵素によるものです。
ペニスの海綿体に存在している酵素で、興奮を催したりした時に体内から分泌される血管拡張物質「cGMP」を分解してしまう働きがあります。
それによって血液の通り道が十分に拡がらないので、血液が不足して発症します。
なので酵素を阻害する作用によって、血管の拡張効果が得られるようになります。

【ED治療薬の副作用】
ED治療薬はほとんどの人に副作用が現れてしまいます。
これは血行が促進されるために起こると考えられているので、重い症状ではないので安心して服用できます。
まとめると次の様になります。
・頭痛
・鼻詰まり
・紅潮
・目の充血
などになり、薬が効き目がなくなると同時に副作用も消失します。